プロクルードローンアカデミー京都校

ドローンスクール

 他のドローンスクールと比較して下さい プロクルードローンスクール京都校の良さ

 1. 京都で開催!  2. 講習費用の安さ!
 他のドローンスクールと比較して下さい

ドローンフライトマスター講習

初心者の方でも安心!ドローンフライトマスター講習

国土交通省の認可を受けたドローン操縦技能講習会です。
初心者の方、操縦経験のある方、様々な方の技量・経験に応じた講習を行います。
本校が実施するドローンフライトマスター講習は株式会社プロクルーが作成したカリキュラムの講習です。
株式会社プロクルーは国土交通省航空局より所要の要件を満たした「無人航空機の講習団体及び管理団体」として認定されています。
本講習で取得できるドローン操縦技能証明証は株式会社プロクルーから発行されます。

こんな方におすすめ

  • 技術証明のためにドローン操縦技能証明証を必要とされる方
  • 国土交通省などの許可審査にも活用できる技能認証を取得したい方
  • これからドローンを業務で本格的に活用しようとする方
  • ドローンの飛行原理から法律や条例、飛行許可申請方法などしっかりとした知識を身につけたい方
  • GPSを受信できない状況下(Attiモード)でも操縦できる技術を身につけたい方
  • 既に運用しているが、一度講習を受けようと検討している方

スクールの特徴

熟練インストラクターが最新の設備にて指導いたします。
初めての方でも安心して受講していただけるよう心がけています。

コーチモードの導入

送信機をインストラクターと受講者が1台ずつ持って操作することで、操縦ミスがあった際もインストラクターが常に事故回避できる体制を取っています。
初心者の方でも安心してドローンの操縦に集中して頂くことができます。

機体の無料貸出

実機は無料でレンタルしますので、ドローンをお持ちいただく必要はありません。
DJI社のPhantom4、Phantom4Proを講習機材として使用しています。

高性能フライトシミュレーターの導入

フライトシミュレーター操作練習を導入しています。(実技操縦訓練前、1日目座学時)
実技前にシミュレーターで練習をすることで、より安全に実機操作訓練(2日目)を行うことができます。
実機と同様、飛行履歴(下記項目参照)に加算していただけます。

ドローン操縦技能証明証の発行

本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴が記載された用紙を提出することで、ドローン操縦技能証明証を発行致します。
この証明証はドローン運用に関する国家資格がない日本国内において操縦者の技能を保有している証となります。
また、国土交通省より飛行許可を受ける際に必要な無人航空機の操縦知識や能力に関する確認項目を簡略化できます。


アフタースクール

国土交通省への申請に必要な10時間の飛行履歴を達成できます。

人口密集地など飛行禁止区域などでドローンを運用するには国交省の許可・承認が必要であり、そのための条件の一つとして、事前に10時間の飛行履歴の提出を求められます。
それを達成するためには機材の購入や日数もかなり要する可能性がありますので、アフタースクールを受講していただくことでより早く認可・承認を受けられます。*アフタースクール受講希望の方は、講習受講時にインストラクターまでご相談いただくか、弊社までご連絡下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

こんな方におすすめ

  • 練習する場所が見つからない方
  • ドローンを購入する前に証明証を取得したい方
  • 安全に飛行練習をしたい方
  • しっかりとした練習方法をインストラクターから学びながら練習したい方

受講費用

51,000円(税込)


ドローンスクール 日程・予約

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から
ZOOMによるオンライン授業を行なっています。  
詳しくはお問い合わせください。


会場案内

座学会場

 
弊社オフィス
〒614-8133 京都府八幡市下奈良新下10-1
TEL:075-874-3664

電車でお越しの方へ
京阪バス「上奈良」バス停より徒歩2分
 
お車でお越しの方へ
・名神高速道路 「大山崎インター」より約25分
・京滋バイパス 「久御山・淀インター」より約10分

受講生の声

受講生の方からいただいたアンケートの一部をご覧ください。

アバター
20代男性
アバター
20代女性
アバター
40代男性

インストラクター紹介

永田 矩之(ながた のりゆき)
University of New South Wales医科学部卒業後、University of Technology, Sydney科学研究部、マスターズへ。 2000年より14年間のオーストラリアへの留学経験を経て、日本へ帰国。 ドローンインストラクターとしても講習生の緊張を解し、楽しんでいただく事を大前提としながらも基礎からしっかりと学んでいただく事を大切にしている。